2009年8月27日木曜日

お出かけの知恵 <講:平成21年度第1回>

 芝講師がご存命の頃には考えられなかったような一般常識や社会状勢のただ中で日々暮らしておりますと、稀に芝講師のおっしゃっていた言葉を少し遠くに感じる事がございます。

 芝講師がお亡くなりになる際「江戸の良さを見なおす会」を引き継ぐよう念を押され、ありがたくお役目を受け継ぎました。とはいえ、お恥ずかしながら未だ自分を「講師」の器だとは到底思えてはおりません。そのようなことから出版などを中心とした活動が続き、しばらく「講」を開く事を躊躇っておりました。最近になって、やはり講の必要性を強く感じ始めておりましたところ、同じくして講の再開を望む声が強くなってきたことから、35周年の集大成とも言うべき平成版の「講」を復活することに致しました。

 第1回には、昔なじみの方から最近江戸しぐさをお知りになったとおっしゃる方まで、実に様々な顔ぶれでご参加頂きました。
 お題は「お出かけの知恵」。昔からの知恵、芝講師ならではのお考え、それらを時流にあった形式にまとめなおす作業をご参加頂いた皆様と行いました。講に参加するのが待ち遠しくて仕方がなかったあの頃の、忘れていた充実した時間が蘇ってきたことで、いかに長い間講をおさぼりしていたかを反省する良い機会ともなりました。

 次回は9月17日(木)15時〜。お題は「戻ってからの江戸しぐさ」です。

 少しでも興味をお持ちの方がいらしたら、「講の手順」は最初はお考えにならなくて結構です。「ちょっと覗いてみようかな」と気楽に参加して頂けたら幸いです。ご一緒に、社会人として、大人として、子供として...。様々な立場から、より暮らし易い社会の基礎となる日常のしぐさを考えてみませんか?

0 件のコメント: