2009年3月13日金曜日

春分・さくら前線

 江戸のころは、春になると先ず「お墓参り」をしてご先祖さまの供養を済ませ、それから「おひな祭り」をしたそうです。

芝講師はこうお書きになっておられます。

 供養とは、三宝(仏・法・僧)または、死者の霊にお花をあげ、ローソクに火をともし、飲み物、食べ物、お金などを供え、お経を上げて拝むことだよ。
 昔の尋常高等小学校では、「香花・灯火・飲食・財物・読経・礼拝が供養なり」と教えたんだが・・・
 お墓の前で、手を合わせ、「ご先祖さま、子も孫も、こんなに元気でおおきくなりましたからご安心ください。これから”楽しいひな祭り”をしますので、あの世から見守っていてやってください」とお願いしたもんだね。
 これなら、陽気もいいし、桃の花はもちろん桜も咲く、人々はみんな春らしく着飾り、ボンボリに火がはいって風情があるっていうわけよ。
 子も孫も親や祖母たちの言葉を肩ごしに聞いて、「もっと元気で大きくならないといけない」と自覚し、明るい未来への夢と希望で小さな胸をふくらませたものだ。
いきいき江戸しぐさ第8号より抜粋


 春の話題と言えば「桜前線」。実は料理の塩加減にも深いかかわりがあるようです。寒い冬の間は濃い味に、夏の暑いときは、薄味にと聞いておりますが、濃い味が薄らいでくる目安は桜前線のようでございます。

芝講師のお話によると、

 さて、味の感覚というものは、一年単位で少しずつ変化し、三年くらいで、かなり変る。
 そして、七、八年くらいで、一定の線に到達する。つまり、その人の持ち味というものになってゆく。 
 江戸っ子は、生まれながら江戸の水をのみ、江戸の味に育っているもので、三歳くらいで、ほとんど同じ塩かげんを好むようになる。これは不思議なもので個人差がない。
江戸っ子とレストラン・芝三光原文


だ、そうです。科学的なことはわかりまんせんが地方によって味の好みが違うという理由の一つに、「水」が影響しているかもしれないと考えるのは、あながち間違いとは思えませんね。

 会ではさくらの春になると、湯銭マヨネーズを作って、旬(筍の字は生え始めて十日以内の竹を意味するそうです)のもの、わけぎ・たけのこ・菜の花等をさっと湯がいて、芝講師自らが振舞ってくださいました。これがおいしいのなんのって!絶品でございました。「あの時に食べたマヨネーズの味が忘れられません」と今でも、お便りを頂戴します。
 
 「男は厨房に入らず」などと言いますが、芝講師は食物は健康の始まりとおっしゃり決して手抜きをなさいませんでした。
 落語にも竹の子の境界線は?というのがございます。その竹の子(孟宗竹)は、徳川吉宗のころ中国より琉球から薩摩に入り、日本に定着したとお聞きしますが、「自分の屋敷に御芽をお出ししたら、いただきやしょう!」 というのが、やはり自然流なのではないでしょうか?

0 件のコメント: