2009年2月27日金曜日

ひな祭り

 現在のひな祭りは3月3日に行うのが一般的ですが、江戸の暦ではそれより1ヶ月遅く、桃の節句というだけあって桃の花の盛りの頃に行われていたようでございます。これは明治6年の改暦により和暦から新暦への変更によるもので、それによりお彼岸にご先祖さまへのお参りをした後にお雛さまをお呼びするという順番も、今では逆になってしまいました。※ 現在でも京都の一部等、旧暦の4 月3日におひな祭りをする地域は少なからず現存しています。

 太陰暦を太陽暦に変更したはいいものの、お上でさえもこの暦の違いに大変混乱したようでございます。日本古来の文化・風習に則った筋道のとおった様々な尺度を、「西欧化」というただ一つの定義で替えてしまった弊害の一つ(もちろん利点も多くあると認識しております)として、「江戸しぐさ」が失われてしまった現代の日本社会があると思うのです。

 近代化と民主化の名のもとに、私たちが失ったものの一つである江戸しぐさ。江戸の町の人々がもっていた、他の人間へのおもいやりや優しさをとりもどしたいという願いのもと、江戸の良さを見なおそうと今日まで芝三光氏の集められた江戸しぐさを公開してまいりました。このことを語らずして、「江戸の良さを見なおす会」をご理解頂くことは難しいでしょう。そして江戸しぐさは暗記するものでなく、経験を通して身につけるものであるということも、「江戸の良さを見なおす会」の基本となっております。時折「傘かしげ」の様な「○○しぐさ」をもっと教えてくださいというようなお便りを頂くことがございます。もちろんそれら「○○しぐさ」はとても解り易い「江戸しぐさ」の実例となるのですが、一番お伝えしたい事は「”江戸しぐさ”の本質は形式ではない」ということなのでございます。近年、様々なところで「江戸しぐさ」を謳っておられるようですが、「江戸の良さを見なおす会」の目指す「芝三光氏が提唱なさった”江戸しぐさ”」とは方向性が違うようでございます。

 ひな祭りについては諸説ございますが、「雛」の持つ「大きいものを小さくする」という意味から、「大きな厄難を小さな人形に移すことで最小限にする」という説をお聞きになった方もいらっしゃると思います。人間の心の厄払いを小さな流し雛さまが身代わりになって昇華するように、世の中の大きな不満・不安・不幸を、「江戸しぐさ」で吸収し、小さな満足・安心・幸福に替えてしまってはいかがでしょうか。
江戸しぐさにはそのような力があると信じております。

0 件のコメント: