2009年1月22日木曜日

芝氏のご命日によせて

 1月22日は私の恩師である芝三光氏のご命日にあたります。
 会のHP内ギャラリーでは、「5万円で自分でテレビを作る」を考案なさり、その記念写真と如月放談(冬の夜話)のテレビ司会のをしていらっしゃる若き頃のお写真を掲載しました。これらは共に、ポピュラーサイエンス社の編集をなさっていらした頃のものですが、普段から生き生きとしてらした瞳が一段と光輝いて見えるようでございます。
 体を壊し、その会社は長く続かなったようでございますが、江戸っ子はいやなことが起こると、全てをクリヤーして、新天地に挑戦するように体が出来上がっているようでございまして、その後の切り替えもすごいと思ったり、面白く思ったものでございます。
 また、昇進のお話しが来るとそれは他の方へとお譲りなっていたようで、これは哲学というか、考え方というか、一般の方にはあまりご理解できないことではないでしょうか。芝氏のこの他のお話でも、これが「江戸しぐさ」なんだなぁと感じたことが数多くございました。
 今日は朝から、大橋料理塾・お稽古事・講演会(神田学会・自然と共生する都市・都心における大きな可能性というタイトルで石川幹子さま)を聞いて参りました。
 どこの講演会でも江戸の良さを見なおしている点、嬉しく思ったり複雑な気分でございました。

 1月13日から、国際基督教大の湯浅八郎記念館で幕末から明治時代に活躍した絵師、揚州周延(ヨウシュウチカノブ)1838~1912年)特別展「帰ってきた浮世絵・周延」が始まりました。
 当会の所蔵品にも揚州周延の作品がございます。お正月特別企画として江戸の良さを見なおす会のHPに2点掲載しております。
 米カルフョルニア州のスクリップ大の企画展で所蔵するコレクションから59点を選び、全米6大学を巡回し、国内では国際基督教大が唯一の開催となるようです。
 1983年10月13日、芝三光氏はICUの評議会で講演をしております。講義のタイトルは「江戸は何が良いか」でした。偶然に師の命日に、ご縁の大学内での特別展:「帰ってきた浮世絵・周延」を知り「やはり師のお導きでは?」と、心地よい一日でございました。
 

0 件のコメント: