2008年11月28日金曜日

講とは...2

 一つの講が成り立つまでの流れを、簡単にご説明致しましょう。

 何かについて「アッ、それっていい!」と、感じたとします。もっと良く知りたいので色々な人と情報交換をしようと考え、「○×○×について興味のある人この指とまれ!」と名乗り出ます。

 「自分もそれについて知りたい!」と思った人々が集まったところで、まず「如何にしてみんなで楽しく学習できるか」を考えます。実は、すでにそこから講は始まっているのです。そして、自分達の知恵だけでは 足りないと思ったら、次に講師をお迎えする「てだて」を考えます。

 「○×○×について勉強したいのですが、何時でしたら講師をお願いできますでしょうか?」と、教えて頂きたい方に、お手紙またはメールで連絡を取ります。この最初のお願いを電話ですることはございません。

 講師をお受け頂いたら、会場の手配等を自分たちで行います。講師にとっても、もちろん自分達にとっても楽しく充実した講にする為には様々な準備が必要となります。と、この準備までの間に、すでにいくつもの江戸しぐさが存在していることにお気付きですか?これでもまだ江戸講への第一歩を踏み出したばかりなのです。

 「まだ講は始まらないの?面倒くさーい」とお考えの方へ。
 実際の講へ参加なさる前に、web講(来年度開始予定)で「江戸しぐさ」についてもう少しお読み頂ければと存じます。「講」は現在のセミナーや学習塾と同じものではありません。「お金を払って知りたい知識だけをパパッと頂く。後は自分流に仕上げ、元を取る。」という考えは「江戸講」にも、芝三光氏のお考えを受け継ぐ「江戸の良さを見 なおす会」の「講」にもございません。

 このように七面倒くさいことばかり申し上げましたが、江戸しぐさに則って開かれた講の充実度、終わった後の清々しさは何ものにも替えがたいものでございます。金銭的な利益など無い、「講」を開催する者にとって、それらは頑張った自分たちへの一番のご褒美と言えるでしょう。

 さて、準備についてはこれ位にしておき、実際の講について少しお話しましょう。
 講師がいらっしゃると言っても、講は現代の学校の授業とは少し異なっていました。講師がお話しになる事をただ聞いて書き取るのではなく、出席者全員が何らかの役割を持って初めて成り立つのが講であり、江戸の 「個人を尊重」する実践教育の現場でした。

 当会の浦島講師は、講中(会員)の一人一人の個性を実に良く掴み、常にその人に適した役割を割り当てておいでした。それぞれの担当者はその役割のリーダーであり、結果として皆がリーダとなるのです。これの 良い点は、人間関係の上下が無いことなのですが、取りまとめる方の力量が非常に問われるものでもあり、現代において本来の「江戸講」が廃れてしまった大きな原因の一つではないかと考えております。

0 件のコメント: