2008年10月31日金曜日

肩引き

 芝三光先生(江戸の良さを見なおす会初代講師)が人生の大部分をその口承・伝承に捧げられ、現在はマナーとして様式化されている江戸しぐさ。その一つに「肩引き」というものがございます。今回はこの肩引きが「江戸者同士のご挨拶」から来ているというお話をさせて頂きましょう。

 当時の江戸の町は人口密度が世界一であったと言われており、日本中から生活習慣や言葉(方言)の異なる人々が大勢集まり暮らしていました。ですので自分のお国(現代でいう地方ですね)の常識が通用しなかった場合など、まさか(真逆)のことが容易に起こり得るちょっと危険な?都市であったとも言えましょう。こういったまさかの時に備え、街の治安を守る様々な「講(てだて)」が、なされていたのです。
 例えば、お仲間と認識するのに「山と言えば・・・川と応える」等は、今では時代劇の泥棒の台詞と思われがちですが、これも立派な「講」の一つです。
 人を見る目を養うことも、江戸寺子屋の師匠のお役目の一つでした。江戸では、服装などで争わず、しぐさで競い合ったとも言われています。(現代にもそういう考えが復活すればいいですね!)
 狭い路地でお互いがすれ違う。この一瞬に、
1.「お陰さまで、私は、今日もイキイキ元気です!」「ご同様さま。私もイキイキ達者でございます。」
2.「アナタさまが、どこのどなたか存じませんが、アナタに決して危害を加えません!」「ご同様さま。私もアナタさまに決して悪さをいたしません。」
3.「お互いに人間同士でございます。アナタさまを持ち上げないかわりに、尻にも敷きません!」(*お互いに立ち止らず、相手の通行時間を空費させないなどの意。)「同様さま、私もアナタさまを上にも下にもいたしません。仏様の前では、お互いに平等でございますからね。」
と、いうような気持ちを、道路で擦れ違う一瞬のうちに、互いに体で表現するボデイランゲージです。(*江戸では体談)

 このような、人々の累年の英知が「江戸しぐさ」という青信号を産んだわけです。青信号という「ゴーサイン」が点滅していれば、お互いに通過しても安全という知恵でした。(肩をすっと引いて、手元まで後ろに回す)
 このように想いを込めた「江戸者同士の生きているご挨拶」、それが肩引のしぐさなのでございます。そして、お互いの心映えを喜ぶ。このような気持ちをみんなで・・・という願いをこめて<江戸の良さを見なおす会>は歩んでまいりました。

 現在、NHKの朝ドラで・・「袖すりあうも他生の縁と・・」とテーマ曲が流れています。この流れで、江戸式のご挨拶も「見なおして」みませんか? 例え一瞬でも、きっと爽やかな気分になれることでしょう。

0 件のコメント: