2008年10月9日木曜日

講に参加する心構え

 江戸の講は、講義の「講」ではありませ。したがって、講師も「テダテのオサ」と呼びます。オサは、長田さんおオサで、長という意味だそうです。
 だから、講師は、今の先生よりも、むしろ、グル-プのリーダーとかオーケストラのコンダクターに近い役目の人になりそうです。
 そこで、江戸の講の講師は、まさに、講の指揮者か案内人です。もう少し詳しくいうと、研修室で開く車座講のような場合は、講師は指揮者であり、上野のお山にのぼるような場合は、案内人の役目になります。
 

0 件のコメント: