2008年9月29日月曜日

こぶし腰浮かせ

電車やバスの車内では、隣の乗客と適度な距離を保つのが非常に難しいですね。例えばこんな経験はないでしょうか?
自分は長椅子の一番端に着席しています。隣に座っていた乗客と入れ替わりに別の乗客が座ろうとしたところ、その方は前の乗客より体格が良く、このままでは座れそうにありません。こぶし腰浮かせを実践したいところですが、自分は端でこれ以上動けませんし、一つ隣の乗客は眠ったままです。このような場合でも、座るのを諦めて席を立つ人をあまり見かけませんね。
「無理矢理座らずに、自分の体とひとこぶし分の余裕をもって座ってくれたら・・・」そんな願いも空しく、結局密着することになり双方が不快な思いをする、なんてこともよくあります。
長椅子に座っている他の乗客がそれぞれ「こぶし浮かせ」をして少しづつずれることでその乗客は座れるかもしれません。でも相手にそれを強いるのはどうでしょうか?
自分が退く目安に「こぶし腰浮かせ」を使う事も出来るのです。

「江戸しぐさ」は、いくら良い作法とだからと一人でやってもあまり良い効果は得られません。お互いがお互いを思いやる気持ちが、廻り廻って人も自分も心地良くさせている。そんな、少しだけ根気のいるものなのです。ですが、少しでも多くの方が「江戸しぐさ」を実行してくださると、もっと住み心地の良い日本になると思いませんか?

<江戸の良さを見なおす会>は、他人を思いやる気持ちを「江戸しぐさ」にのせて、自発的に行動できる人を育てる応援をしています。

0 件のコメント: