2008年12月24日水曜日

きみのはい

 「江戸の良さを見なおす会」の発足当時、「江戸の心をお伝えする」ことを中心に講が行われておりました。

 講で「江戸の心は自然流」と浦島講師に初めて教えていただいた時には、「なんて素敵な言葉でしょう!」と感激したものです。その後もその言葉に添うように、長い間活動して参りました。そしてこの12月に、NHK大河ドラマの篤姫の「一本道」で、背の君が「江戸は心じゃ、心のままに生きるのじゃ」というような言葉を回想している場面に、篤姫の自立した女性の姿を楽しむと共に「芝講師がおっしゃっていた言葉通りだったわ」と、すっかり嬉しくなりました。
 全国の皆さまも、場面は違っても、篤姫をご覧になってきっと何か感じるものがあったのではないでしょうか?可愛らしい女優さんの頑張りだけで、高視聴率となったのではないような気がしております。

 さて、会の原稿用紙に浦島講師が書き残したものが多数ございます。「江戸の良さを見なおす会」の公式ホームページの公開も無事行われ、より多くの方に浦島講師のお考えを知って頂く機会に恵まれました。そこで今回は、本会が誕生するに至った浦島講師のお心を、皆様に知って頂きたく存じます。

<「江戸ッ子新宝・原稿はがき用」原文ママ>
 「江戸の心を伝える会って、どういう事をしているんですか?」会に初めていらっしゃる方にお会いすると必ず、こう聞かれます。そういうとき、私は、いつも決まってキミのハイのお話しをします。
 ですから、2度目の方は、またかと思われるでしょうが、我慢してください。その内にもっと解りやすい例えを思いつけば、いつも同じようなことを申し上げなくでも済むむかも知れません。
 
 でも、いつも同じようなことを申しあげている事も、心を伝えるという仕事の一つかも知れませんね。どうか、そうお考えいただきたいと思います。
 
 さて、きみのはいですが、漢字で書くと黄身の胚と書くのでしょうか、それとも黄味の胚となるのでしょうか、江戸の寺子屋では、黄身と黄味を使いわけていたようですが・・・。
 とにかく、卵の胚(はい)、この胚という字も今は使われないことになったようなので、どう書けばよいのでしょうか・・・。卵の黄身にくっていている白い小さい部分、あれですね。江戸時代には、卵の目とか、いきめ(生目)と言っていたようですが、東京では、いまでも卵の目と言っている人が、かなりあるようです。アナタは、なんと言っておられますか、機会があったら教えてください。
 その卵の目ですが、お料理をするとき、おはし(箸)で、目を取って捨てている人を見かけられたことがございませんか。
 子どもたちが、お誕生日や遠足の日、ウキウキ早く目を覚まして、台所で卵焼きなど焼いている母親のそばに寄って来て、
「どうして、それ取って捨てるの?」などと訊ねたとき、どの母親も決まって、こう答えたものでした。
 「これ、卵の目よ、この目はね、この黄身や白身を食べながら、だんだん大きくなってね、卵をみんな食べ終っちゃった時に、ひよこになって生まれて来るのよ、でも、これ、卵やきにして、あなたが食べちゃうでしょ、ね,可哀想でしょ、ひよこまで食べちゃったんじゃ。
 だから、捨てるんじゃないのよ、こうやってお箸で取ってね、お庭の土に返してあげるの、わかった? さ、早くお仕度をしなさい」
 子どもたちは、これを聞くと、その時から卵を食べるのが、悪いような。もったいないような、有難いような、怖いような複雑な気持ちになって、物の哀れを知るというのか、生存競争の恐ろしさをハダで感ずるようになるというのか、心の中に、なにか大きく残ったことは、確かだったようですね。こういうことを、後の世に伝えていきたいと思いましてね、この会を始めた訳です。

 

2008年11月28日金曜日

講とは...2

 一つの講が成り立つまでの流れを、簡単にご説明致しましょう。

 何かについて「アッ、それっていい!」と、感じたとします。もっと良く知りたいので色々な人と情報交換をしようと考え、「○×○×について興味のある人この指とまれ!」と名乗り出ます。

 「自分もそれについて知りたい!」と思った人々が集まったところで、まず「如何にしてみんなで楽しく学習できるか」を考えます。実は、すでにそこから講は始まっているのです。そして、自分達の知恵だけでは 足りないと思ったら、次に講師をお迎えする「てだて」を考えます。

 「○×○×について勉強したいのですが、何時でしたら講師をお願いできますでしょうか?」と、教えて頂きたい方に、お手紙またはメールで連絡を取ります。この最初のお願いを電話ですることはございません。

 講師をお受け頂いたら、会場の手配等を自分たちで行います。講師にとっても、もちろん自分達にとっても楽しく充実した講にする為には様々な準備が必要となります。と、この準備までの間に、すでにいくつもの江戸しぐさが存在していることにお気付きですか?これでもまだ江戸講への第一歩を踏み出したばかりなのです。

 「まだ講は始まらないの?面倒くさーい」とお考えの方へ。
 実際の講へ参加なさる前に、web講(来年度開始予定)で「江戸しぐさ」についてもう少しお読み頂ければと存じます。「講」は現在のセミナーや学習塾と同じものではありません。「お金を払って知りたい知識だけをパパッと頂く。後は自分流に仕上げ、元を取る。」という考えは「江戸講」にも、芝三光氏のお考えを受け継ぐ「江戸の良さを見 なおす会」の「講」にもございません。

 このように七面倒くさいことばかり申し上げましたが、江戸しぐさに則って開かれた講の充実度、終わった後の清々しさは何ものにも替えがたいものでございます。金銭的な利益など無い、「講」を開催する者にとって、それらは頑張った自分たちへの一番のご褒美と言えるでしょう。

 さて、準備についてはこれ位にしておき、実際の講について少しお話しましょう。
 講師がいらっしゃると言っても、講は現代の学校の授業とは少し異なっていました。講師がお話しになる事をただ聞いて書き取るのではなく、出席者全員が何らかの役割を持って初めて成り立つのが講であり、江戸の 「個人を尊重」する実践教育の現場でした。

 当会の浦島講師は、講中(会員)の一人一人の個性を実に良く掴み、常にその人に適した役割を割り当てておいでした。それぞれの担当者はその役割のリーダーであり、結果として皆がリーダとなるのです。これの 良い点は、人間関係の上下が無いことなのですが、取りまとめる方の力量が非常に問われるものでもあり、現代において本来の「江戸講」が廃れてしまった大きな原因の一つではないかと考えております。

2008年11月18日火曜日

江戸しぐさ考

 ことばは生きている…。

 「江戸の良さを見なおす会」の会合に、ある新聞社の記者の方が取材にお見えになった時のことでございます。
 「外国の方々には、日本人はマナーが悪いとの定評があります。そこで日本人のマナーを良くするキャンペーンを繰り広げたいので、マナーについて書いてください」と、芝講師への要望がございました。

 芝講師は、
『「江戸しぐさ」というものがあり、「江戸の講」では、このようなしぐさを勉強しあっています』と講座で説明し、加えて私共弟子に、江戸しぐさの定番の「傘かしげ」「こぶし腰うかせ」「肩ひき」「かに歩き」などを実演するようにおっしゃいました。更に「三脱の教え」の文章もお書きになり、江戸の講の記録などと併せ、取材にいらした記者の方にお渡したようです。

 後日、新聞に掲載された記事のタイトルを見てびっくり!
 『「江戸しぐさ考」日本人の良さを見なおす…マナーを欠く現代の方々に…』とのサブタイトルが書かれているではないですか。
 その記事で「江戸しぐさ」はマナーであると断定され、更に「講」は「考」に変わっていたのです。その新聞をお読みになった方々が、その後多方面で色々とお書きになった結果、現在の「江戸しぐさはマナーである」という偏った認識が定着してしまったのです。この「江戸しぐさはマナーなのか?」については、今度是非詳しく書かせて頂きたいと思っております。

 また、「江戸しぐさ講」が「江戸しぐさ考」になった件は、やはり「講」は一般的でなく、ねずみ講を連想されるので敢えて「考」になさったと考えるようにしました。しかしこちらは定着しなかったようですね。当時を思い返し、ちょっと遊び心を出してこんなことを書いてしまいました。芝講師、お許しくださいませ。

2008年10月31日金曜日

肩引き

 芝三光先生(江戸の良さを見なおす会初代講師)が人生の大部分をその口承・伝承に捧げられ、現在はマナーとして様式化されている江戸しぐさ。その一つに「肩引き」というものがございます。今回はこの肩引きが「江戸者同士のご挨拶」から来ているというお話をさせて頂きましょう。

 当時の江戸の町は人口密度が世界一であったと言われており、日本中から生活習慣や言葉(方言)の異なる人々が大勢集まり暮らしていました。ですので自分のお国(現代でいう地方ですね)の常識が通用しなかった場合など、まさか(真逆)のことが容易に起こり得るちょっと危険な?都市であったとも言えましょう。こういったまさかの時に備え、街の治安を守る様々な「講(てだて)」が、なされていたのです。
 例えば、お仲間と認識するのに「山と言えば・・・川と応える」等は、今では時代劇の泥棒の台詞と思われがちですが、これも立派な「講」の一つです。
 人を見る目を養うことも、江戸寺子屋の師匠のお役目の一つでした。江戸では、服装などで争わず、しぐさで競い合ったとも言われています。(現代にもそういう考えが復活すればいいですね!)
 狭い路地でお互いがすれ違う。この一瞬に、
1.「お陰さまで、私は、今日もイキイキ元気です!」「ご同様さま。私もイキイキ達者でございます。」
2.「アナタさまが、どこのどなたか存じませんが、アナタに決して危害を加えません!」「ご同様さま。私もアナタさまに決して悪さをいたしません。」
3.「お互いに人間同士でございます。アナタさまを持ち上げないかわりに、尻にも敷きません!」(*お互いに立ち止らず、相手の通行時間を空費させないなどの意。)「同様さま、私もアナタさまを上にも下にもいたしません。仏様の前では、お互いに平等でございますからね。」
と、いうような気持ちを、道路で擦れ違う一瞬のうちに、互いに体で表現するボデイランゲージです。(*江戸では体談)

 このような、人々の累年の英知が「江戸しぐさ」という青信号を産んだわけです。青信号という「ゴーサイン」が点滅していれば、お互いに通過しても安全という知恵でした。(肩をすっと引いて、手元まで後ろに回す)
 このように想いを込めた「江戸者同士の生きているご挨拶」、それが肩引のしぐさなのでございます。そして、お互いの心映えを喜ぶ。このような気持ちをみんなで・・・という願いをこめて<江戸の良さを見なおす会>は歩んでまいりました。

 現在、NHKの朝ドラで・・「袖すりあうも他生の縁と・・」とテーマ曲が流れています。この流れで、江戸式のご挨拶も「見なおして」みませんか? 例え一瞬でも、きっと爽やかな気分になれることでしょう。

2008年10月23日木曜日

講の内:「回り路」篇

 江戸では「講」のことを「てだて」とも読んでいたと、以前に書かせて頂きました。
 現代の、しかも学校で習う読み方からすれば「てだて」と読むのは間違いです。というよりも、学校ではそうは教えてはいません。教育漢字的には間違いかもしれませんが、そこは平成の現代。「渋谷のギャル語辞典」がベストセラーになる昨今、国語辞書には載っていない読み方があったとしても、すんなりとご納得頂けるのではでしょうか。
ただし、学校の試験に「講」の字にフリガナを付けなさい・・・という問題が出たら答えは《こう》と書く事。決して てだて とは解答なさらないよう、お子様には充分ご説明くださいませ。因みに、ごん偏(べん)の講の字は小学校5年で、また、き偏(へん)の構の字は6年生になってから習う漢字で、どちらも教育漢字の1006字に入っています。
※万が一「てだて」と書いて正解になっていたら、教養とウィットに富んだ先生に教わっているのだと喜んでくださいね。

 講の字の読み方のことで、回り路(まわりみち)をしましたが、こういう遠回りも、現代の学校や社会では経験できない「講」の特色の一つです。
人生には、時にふらっと回り路をしたくなるときも、また回り路をしなければならない時もあるでしょう。そんな時、この一文を思い出してください。きっと「回り路」を楽しめることでしょう。

 《現在は、回路図のことを配線図という人が多いようです。回路図という言葉のほうが、使われ出した歴史は、配線図よりも古いそうです。この回路図とう単語は、明治になってアメリカやヨーロッパから、エレキ(電気)の機械がはいってきて、盛んに使われ出した言葉のようです。
 機械の裏側の、ウネウネした配線をみて、エレキの”まわりみち”と考えたのでしょう、電気が、ウネウネまわりみちしているうちに、人の声を出したり明かりとつけたり、いろいろ面白い姿を現すのだろう?と考えたのでしょう。ユーモラスな発想ではありませんか!
 まわりみちをして、ふらふらしているうちに、思いがけない「いいもの」を見つけた! っていうことは、いまの私たちも、ショッピングなどで、ときとき経験しますね・・。
 こう考えると、回り路(まわりみち)も、まんざら悪いものではありません。ところが現在の東京的思考では、「ああ、まわりみちして損をした」となります。
 これは、「道路工事中、まわり道」の標識で、Uターンや、迂回(うかい)運転を余儀(よぎ)なくさせられた苦い経験からくる実感でしょう。
 でも、人間さまは、車のような神経のない機械と違って、二本足で歩くことができます。まわり道のおかげで、新しいものを発見する目を持っています。デメリットをメリットに変換できる頭を持っています。》
 
 さて、今回も沢山の回り路をしてしまいました。<江戸の良さを見なおす会>ではこのように時々は回り路の多いお話し合いをしながら、物事の本質により近づいて行こうとする会なのであります。

2008年10月20日月曜日

講に参加する心構え・時泥棒(ときどろぼう)

 先生と生徒の関係を、指揮者と団員に例えてみましょう。
 言うまでもなく、管弦楽や合唱では、メンバーが一人でも遅刻した場合、代役を立てない限りコンサートはできませんね。それがどんなに名指揮者と名演奏家の揃(そろ)った楽団だったとしても、抜けたパートがあったらオーケストラもコーラスも成り立ちません。

 江戸では、約束に時間に遅れることを「時泥棒(ときどろぼう)」と呼び、時(とき)には(しゃれではありませんが・・・)金品を奪う泥棒棒より悪いとさえ言われていたようです。

 何故なら、「時」は弁償不可能な共有財産であり、それを大勢の人々から同時に奪ってしまうことはもはや「罪」であると考えられていたからでしょう。
 では、已(や)む無く遅れる場合や、遅れた場合の「てだて」は どうすれば良かったでしょうか。それをで学習する場、それこそが「講」であったのです。

  現代では時泥棒が「罪」であるという考えは廃れているようですが、やはりどこかで「良くない」ことであるという認識は皆さんお持ちのことでしょう。<江戸の良さを見なおす会>では、一つの「江戸しぐさ」が何故「常識」として今も通用するか等を、講にてお話しております。

2008年10月17日金曜日

講に参加する心構え・水母(くらげ)

 水母(くらげ)は、皆様良くご存じの、海面に浮遊する腔腸(こうちょう)動物です。最近ではノーベル化学賞受賞の立役者として注目を浴びていますね。
 海をふらふらと漂い、時々大群となって押し寄せることで大問題にもなっています。現代技術の粋を集めた原子力発電所でも、これがフィルターに引っかかるとお手あげのようです。たしか数年前に、そういったパプニングが実際に日本でおこったと記憶しております。

 江戸では、行くと約束した集まりに来たり来なかったりする水母のような人間を、「くらげ野郎」と呼んで軽蔑したそうです。
 現代でも「水母」や「時泥棒」の様な人の多くが、集まりにおいて「はじめダラダラ、おわりグズグズ」しがちです。そして時間が足りなくなると二次会になだれ込んだりするのですが、江戸では二次会は「ご法度」とされていたようです。それに倣って、<江戸の良さを見なおす会>でも二次会は禁止でございます。

 また、「水母は独善(ひとりよ)がりで傍迷惑(はためいわく)を考えず、文句を言えば毒棘(どくとげ)を出す」という教えもあります。<江戸の良さを見なおす会>では、年齢・学歴・職業などを問うことは全くございません。ただ「時泥棒」と「水母」だけは、ご遠慮申し上げたいところでございます。

2008年10月15日水曜日

<江戸の良さを見なおす会>の結成・1969年(昭和44年)

明治・大正時代は、ヨーロッパにかぶれた上、ひっきりなしに戦争をした時代。
昭和前半は不景気と侵略戦争にあけくれ、後半は、敗戦の「後始末」と、「やり直し」で混乱の極みに達した時代でした。
思えば平成までの百年以上、日本人は、サルまわしの猿のごとく、周りに振り回されていたようです。

それに比べ、江戸時代は2世紀半もの長い間、
 ただの一度も外国を侵略せず、
 ただの一度も外国から侵略されることなく、
 平和を守ることに積極的で、
 しかも絢爛豪華に文化の花を咲かせた時代・・・。
江戸時代とは、世界史にも類まれで、傑出した、「誇りうる」時代であったのです。

私たちの会は、
「輝かしい江戸文化を過去に共有した喜びを語り合い、文化全般について見なおし、今日の暮らしに役立て、将来に伝え残そうとするユニークな社会教育団体でありますの・・・、どうぞ!」
という芝先生の呼びかけに賛同しまして、今日まで活動を続けて参りました。

前置きが長くなりましたが、「江戸の良さ」を、次の世代にお伝えすべく、<江戸の良さを見なおす会>は日夜その活動に励んでおります。今後ともご贔屓くださいませ。

2008年10月9日木曜日

講に参加する心構え

 江戸の講は、講義の「講」ではありませ。したがって、講師も「テダテのオサ」と呼びます。オサは、長田さんおオサで、長という意味だそうです。
 だから、講師は、今の先生よりも、むしろ、グル-プのリーダーとかオーケストラのコンダクターに近い役目の人になりそうです。
 そこで、江戸の講の講師は、まさに、講の指揮者か案内人です。もう少し詳しくいうと、研修室で開く車座講のような場合は、講師は指揮者であり、上野のお山にのぼるような場合は、案内人の役目になります。
 

浦島太郎2

江戸では、本名を使わない。なぜなら、本名を使えたのは、親と師匠それから、お上であったと言われていたからです。 
 <江戸の良さを見なおす会>では、それを見習いまして、講師も会員(講中)もすべてあだ名でお付き合いをいたします。芝先生は、寺子屋の師匠であった曾祖父から「浦島太郎」継承しておいででした。
 現在の、ブログを書く際に本名を使わないという合理性と同じでございます。江戸は進んでいたのですね!
 このように、江戸について語る際には是非、取り入れて頂きたい「しぐさ」の一つでございます。
 そしてあだ名を使い、江戸者になったつもりで演技することによって、客観的に自分を見つめなおすこともできますね。なんで素晴らしい「江戸しぐさ」でございましょう。

2008年9月29日月曜日

こぶし腰浮かせ

電車やバスの車内では、隣の乗客と適度な距離を保つのが非常に難しいですね。例えばこんな経験はないでしょうか?
自分は長椅子の一番端に着席しています。隣に座っていた乗客と入れ替わりに別の乗客が座ろうとしたところ、その方は前の乗客より体格が良く、このままでは座れそうにありません。こぶし腰浮かせを実践したいところですが、自分は端でこれ以上動けませんし、一つ隣の乗客は眠ったままです。このような場合でも、座るのを諦めて席を立つ人をあまり見かけませんね。
「無理矢理座らずに、自分の体とひとこぶし分の余裕をもって座ってくれたら・・・」そんな願いも空しく、結局密着することになり双方が不快な思いをする、なんてこともよくあります。
長椅子に座っている他の乗客がそれぞれ「こぶし浮かせ」をして少しづつずれることでその乗客は座れるかもしれません。でも相手にそれを強いるのはどうでしょうか?
自分が退く目安に「こぶし腰浮かせ」を使う事も出来るのです。

「江戸しぐさ」は、いくら良い作法とだからと一人でやってもあまり良い効果は得られません。お互いがお互いを思いやる気持ちが、廻り廻って人も自分も心地良くさせている。そんな、少しだけ根気のいるものなのです。ですが、少しでも多くの方が「江戸しぐさ」を実行してくださると、もっと住み心地の良い日本になると思いませんか?

<江戸の良さを見なおす会>は、他人を思いやる気持ちを「江戸しぐさ」にのせて、自発的に行動できる人を育てる応援をしています。

2008年9月28日日曜日

傘かしげ

日本広告機構(AC)でお馴染みの「傘かしげ」。
狭い道で前から来る人とすれ違う際、お互いが傘をかしげて道を譲り合うこの「しぐさ」。
しかし現在の傘かしげは進化してます!皆さんはこういった時、傘を上下に移動させていませんか?背の高さや立ち位置で、前から来る人が上に上げたら自分は下へと垂直に「かしげ?」る方が多いように思います。想像するに、本来の「かしげ」方では水滴が垂れてしまったり、洋傘は和傘と違い石突が尖っていて危ないというような不具合があったからではないでしょうか?

このように時代と共に磨かれていく「江戸しぐさ」。<江戸の良さを見なおす会>ではオリジナルの伝承と共に、進化の過程も見守り続けます。

2008年9月8日月曜日

浦島太郎1

<江戸の良さを見なおす会>は講師である芝三光先生(講でのあだ名:浦島太郎)の講話を聞く会から始まりました。

2008年9月6日土曜日

講元とは...

講元とは、ひとつの講の講師・お世話役・医者・講中のみなさまが集まって、それぞれの立場で研鑽(共同生活)する場を提供し、みんなで豆息災に生きるテダテ(世の中)を考えました。

講とは...1

講とは、構(テダテ)※(「コウ」と読んでも、かまいません。)を意味します。世の中のことをいいます。
精進して、世間さまにはずかしくないような、人間になるために、学び習う場をさします。そこには、講師、お世話役(ばったんさま)講中(会員・市民)が車座になって、今、何ができるか?しなくてはならないかをお話しあいました。講にはさまざまな講がありました。医者をおいた講もあったようです。

「江戸のしぐさ」

芝講師は、「江戸しぐさ」と「江戸のしぐさ」を厳密に分けて定義なさいました。
「江戸のしぐさ」とは、江戸のいろいろのしぐさをいいます。漢字で書けば、仕種・仕草・仕科となるようでございます。わかりやすくいえば、舞台における役者の表情、動作をさします。例えば、歌舞伎のしぐさ(型)、踊りのしぐさ(振り)もしぐさ といいますね!

2008年9月4日木曜日

江戸しぐさとは...1

「江戸しぐさ」は、江戸の(トップ)の考え方、思草・思いぐさ・言いぐさ等の発想をいいます。
志草(こころざす)・支草(ささえる)ともかきます。
簡単に言えば、人間関係をよくする考え方。人にだまされない物の見方等などです。
そして、自分はこうしなければ気がすまない、癖をいうようでございます。
自分中心(わが家のために世間はある)ではなく、客人本意(世間のおかげで生きている)の発想なのです。

<江戸の良さを見なおす会>について

皆様お初にお目にかかります。

私どもは、古くから「江戸しぐさ」を伝承してきた「講」の流れを正式に受け継ぐ会として、故・芝三光氏の命により長年に渡り普及活動を続けて参りました。

近年「江戸しぐさ」が日本の文化として見直されつつある中、江戸しぐさの本質を後世に伝える使命を果たすべく、日々地道に活動しております。
この頁が、「江戸しぐさ」に興味を持たれた方の参考に、少しでもなれば幸いです。